ピルの購入は基本的には病院処方となりますが、もともとピルを服用していた方はネット通販サイトから購入しています。ネット注文することで病院代が診察代やお薬代の負担を軽減することができますし、自宅に届くので便利です。当サイトではピルの購入方法について詳しくご紹介していきます。

女性ホルモンと生理の因果関係とは

女性の身体は女性ホルモンによって日々コントロールされています。
主に女性ホルモンの役割は毎月の生理を起こす事に加えて、妊娠を助けて維持する事です。
女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンと言う2つの種類があります。
この2つのホルモンの働きによって、生理周期が生まれ、妊娠する為の準備が体内で繰り返されます。

エストロゲンは女性らしい体作りや肌の潤いを保つなど、健康を維持する重要な働きをしてくれます。
他にも善玉コレステロールを増やして悪玉を減らす役割をしてくれます。
気持ちを明るくし、代謝を促す役目や肥満予防にも関係しています。プロゲステロンは妊娠のホルモンとも言われています。
妊娠に備えて体内に水分や栄養を蓄えたりする働きをします。
血糖値を正常に戻す働きもある一方で、食欲を促したり眠気やイライラや憂鬱な気分を起こす原因にもなります。

2つの種類の女性ホルモンは生理周期のリズムで分泌量が大きく変化します。
その変化によって、女性の体調や気分も大きく変わります。
エストロゲンの分泌量が多い時期である排卵前は身体も気分的にも調子が良い時が多いのですが、生理前になるとプロゲステロンの分泌量が増える事で頭痛や腰痛などの症状があらわれ身体も気分も不調に傾きます。
これが一般的に言われている月経前症候群です。

ホルモンバランスの乱れも様々な不調を引き起こす原因となります。
生理痛が酷かったり、生理周期が不順などのトラブルがあるとホルモンバランスが乱れているサインかもしれません。
身体を冷やさない事や食生活、睡眠不足に気をつけたりと生活習慣を見直してみると良いでしょう。

女性ホルモンの変化のリズムを知る為には、基礎体温を付けるとわかり易くなります。
基礎体温は妊娠や避妊を知る為だけではありません。
基礎体温を測るメリットには、次の生理予定日が予測できたり、身体の不調になりやすい時期が分かるようになります。
身体や心の変化にも事前に対策が出来る様になる事で気持ちも楽になることもあります。

生理周期と心の関係性

女性ホルモンは身体の中で生理周期によって分泌される量が変化しており、そのことで常に体の中の状態も変化をして妊娠に備えています。
生理周期の前半は体が排卵を起こすことに向けて準備を進めていき、エストロゲンの作用が強くあらわれる時期です。

生理周期の中ごろに排卵が起こると、今度は排出された卵子が受精した時に備えて妊娠をしやすいような体になっていきます。
この時には主にプロゲステロンの働きが強くなります。
女性ホルモンは生理周期のたびにこのような、分泌量の変化を繰り返していますが、この2種類の女性ホルモンの分泌量のバランスが保たれていることも非常に重要です。

女性ホルモンはただ分泌されれば良いというものではなく、ふたつのホルモンが変化をしながらお互いがよいバランスになるように調整されていることで、女性の体が正常に妊娠に向けて準備を進めることができるようになります。
2種類のホルモンのバランスが乱れてしまうと生理周期の乱れなどのトラブルが起こってしまいます。

女性ホルモンは精神的な影響を受けやすいホルモンだと言われており、心との関係が非常に深いところが特徴です。
少しの精神的ストレスがあっただけで大幅に生理周期が乱れてしまうこともあり、またホルモンの影響で気持ちに浮き沈みが出やすくなります。
生理周期の前半は比較的気持ちが落ち着いている時期で、体の動きも軽く感じて活動的になれる人が多いようです。
これに対して生理周期の後半や生理中は気持ちが落ち込みやすく不安が強くなったり、イライラしやすい時期だと言われています。

生理周期の中でこのように感情が変化をしていくので、もしも気分が落ち込んでしまうということがある時には女性ホルモンの影響が原因となっていることが考えられます。