ピルの購入は基本的には病院処方となりますが、もともとピルを服用していた方はネット通販サイトから購入しています。ネット注文することで病院代が診察代やお薬代の負担を軽減することができますし、自宅に届くので便利です。当サイトではピルの購入方法について詳しくご紹介していきます。

低用量ピルの人気商品であるトリキュラーとは

トリキュラーは低用量ピルとして世界中で使われています。
ただ、低用量という言葉を初めて聞いてもわからないしそもそもピルとはどんなものなのか知りたいという人も多いでしょう。

トリキュラーには2種類の女性ホルモンが入っています。
ピルは避妊したい人、生理周期が不安定で不正出血が続いている人、更年期以降で女性ホルモン補充が必要な人が使用する薬です。
低用量ピルは含まれているホルモンの量が少ないですがその量で十分な効果が発揮できるのです。
またトリキュラーは3相性といってより自然に近い形でホルモン量を調整して分泌し、働きかけます。

トリキュラーのような低用量ピルに含まれる卵胞ホルモン、黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンは脳に働いて排卵を抑制し、子宮内膜を変化させて受精卵を着床しにくくし、子宮頸管に精子を入りづらくするのです。
トリキュラーは正しく服用すればほぼ100パーセントの避妊効果が期待できます。

トリキュラーは飲み方によって21と28という2つのタイプに分かれています。
21は3週間飲んで1週間薬を休む繰り返しを自己管理できる人に、28は毎日飲み続ける習慣をつけるために7日間は偽薬を飲み7日間の薬を休む期間を作り、服薬習慣を絶やさない飲み方にする人のために発売されています。

効果が期待できるトリキュラーですが、副作用としては血栓症発症リスクがあります。
トリキュラーを服用している人について救急医療機関を受診した方がいい場合は突然の足の痛みや腫れ、手足の脱力、息切れや胸の痛み、激しい頭痛、喋る際の舌のもつれや視力障害は救急医療機関受診の条件です。
吐き気や頭痛も比較的多く見られる副作用です。
不正出血や悪心、発疹やじんましんの副作用があらわれることもあり、体調の異変があった際にはすぐ医師に相談してください。

食べ合わせ、飲み合わせもあります。
ある種の抗生物質やサプリのセントジョーンズワート、結核治療剤やフェノバルビタールなど多くの種類の薬がありますのでトリキュラーの処方を希望する人は今どんな薬を飲んでいるか申告する必要があります。
新たに医療機関を受診する際にもトリキュラーを服用していることを告げてください。

トリキュラーの副作用や食べ合わせ・飲み合わせ

トリキュラーは避妊効果が高く、非常に人気の高い3相性の低用量ピルですが、服用する時には副作用についても正しい知識を持っておくことが重要です。
トリキュラーの副作用として最も出やすいものが吐き気です。
吐き気は身体の中のホルモン量が変化することで起こると考えられていますが、体がトリキュラーの服用に慣れていない飲み始めの時期が最も副作用が出やすいとされています。

そのため飲み続けるうちに副作用の症状も徐々に軽減していくことが予想されますがどうしても我慢できない時には、服用得尾中止して医師に相談をしましょう。
また飲み方としては就寝前に飲むようにすると吐き気を感じにくくなることもあるので、そういった工夫をしてみるという方法もあります。

もうひとつの副作用で重篤なものが血栓症です。
これは血管の中で血の塊が出来てしまうものなのですぐに治療をする必要があるものです。
足に起こることが多く、足の間隔が変だと感じたり、しびれなどの症状がみられた時にはすぐに病院を受診しましょう。

そしてトリキュラーは薬の一種なので、他の薬との飲み合わせも考えておかなくてはいけません。
トリキュラーと同時に使用すると弊害があるとされているのはテトラサイクリン系とペニシリン系の抗生物質です。
抗生物質は他にも色々な種類がありますが、抗生物質が処方されるような時にはピルを封要していることを伝えておきましょう。
また結核の治療に使われるリファンピシンや痙攣を止める作用のあるバルビツール酸系製剤、ヒダントイン系製剤なども一緒に服用することができません。

食べ合わせとしてはセイヨウオトギリソウという成分と同時に服用することはできず、これはダイエット食品などに入っている成分です。