ピルの購入は基本的には病院処方となりますが、もともとピルを服用していた方はネット通販サイトから購入しています。ネット注文することで病院代が診察代やお薬代の負担を軽減することができますし、自宅に届くので便利です。当サイトではピルの購入方法について詳しくご紹介していきます。

ピルを通販サイトで購入するのは危険?その理由とは

PCで通販

ピルは避妊薬として知られており、この薬自体に危険性はないと言われています。
しかし、購入方法によってはリスクが高くなってしまうこともあるので注意しましょう。
基本的に薬を購入するためにはクリニックの専門外来などを受診する必要があります。
毎回ドクターに処方してもらうのは結構お金もかかりますし、面倒に感じる人もいるかもしれません。

ピルを安く購入するために個人輸入を利用するという方法があります。
これは海外の医薬品を購入する手段であり、自宅にいながら処方箋なしで手軽に薬を入手することができます。
個人輸入と聞くと難しそうに感じるかもしれませんが、個人輸入代行サイトを利用すれば一般の通販サイトと同じように購入できるということです。
個人輸入代行サイトで販売されているピルはいろいろな種類があります。

個人輸入代行サイトで購入できるピルと病院で処方されるピルは必ずしも同じであるとは限りません。
値段が安い理由は手元に届くまでに経由するルートが短いことや関税が安いなどの理由が挙げられます。
値段が安いというのは確かに魅力的ですが、個人輸入代行サイトで販売されている商品は偽物の可能性もあるので注意しましょう。
万が一偽物を服用して何か起こったとしても全て自己責任となってしまいます。
偽物については厚生労働省のサイトでも注意を促しており、さまざまな健康被害が報告されているということです。

個人輸入代行サイトで購入したいという場合、そのサイトが信頼できるかどうかが大切です。
ポイントとしては支払いの際にクレジットカードを使えるかどうかということが挙げられます。
クレジットカードが使えるということはクレジットカード会社の審査を受けていることになりますし、信頼できるポイントと言えるでしょう。

安全にピルを利用したいという場合、やはりクリニックの専門外来で処方してもらうのがおすすめです。
クリニックでは診断を受けることができますし、正しい服用方法や副作用のリスクなどについても説明を受けることができます。
トラブルが発生した場合でも適切な処置を受けられるので安心して服用することができるでしょう。

リスクを避けるならクリニックでの処方がおすすめ

ピルを病院で処方してもらいたいと考えているのであれば、産婦人科やレディースクリニックなどを利用するのが良いでしょう。
しかし、クリニックによっては目当ての薬を取り扱っていない場合があります。
もし自分がほしいピルをどうしても手に入れたいというのであれば、事前にインターネットの情報などを参照して、ほしい薬を取り扱っているかどうかを確かめて受診することをお勧めします。

そのほかの診断が必要なく、ピルだけを処方してもらいたいというのであれば、ピル専門外来を行っているクリニックもあります。
こうした病院であれば知識や経験も豊富であるため、安心してピルを購入することができます。

また、ピルには女性ホルモンがふくまれているので、服用することで身体のなかのホルモンバランスが変化することになります。
1回服用するだけで避妊ができるタイプのピルであればそれほど問題はありませんが、継続して服用していくタイプの場合には定期的にホルモン検査なども受けられれば安心です。
レディースクリニックの多くではホルモン検査も取り扱っているので、副作用や体調面での変化などを気にすることなくピルを使用することができます。

クリニックを受診した場合には、通販でピルを購入する際よりも一度に多く薬が購入できることがあります。
それは、個人輸入で医薬品を購入する場合には、原則として1ヶ月分くらいの量までしか薬を購入することができないという厚生労働省の指針があるためです。
しかし、病院であれば最大で3ヶ月分くらいの量まで処方してもらうことが可能ですので、多く購入できる場合があるのです。

個人輸入による薬の使用はすべてが自己責任となってしまうため、クレジットカードなどが使用できるからと言って安易に利用するのはあまりおすすめできません。
また、偽物をつかまされてしまうリスクもあり危険です。
しっかりとしたドクターのもとで体調面の管理もしてもらいながらピルを使用すれば不安も少ないでしょう。